スポンサーリンク

遠き日の5月 思い出

 もう、はるかかなたの記憶の中の思い出
 1979年5月 モスクワ 出会い
 「ききにきてね」「18時半くらい」と彼女。
 音楽のことなど、何も分からないぼくが、いくら彼女のことが好きでも、1時間もピアノの練習に付き合うことは退屈きわまりない。
 躊躇するぼくに「なんでもいいからききにきてね」。
 「ちょっと、遅刻していこう」とぼくは思った。

 それでも、ぼくは、18時30分には、スタジオの扉の前にいた。
 扉を開くと、ショパンの舟歌、彼女のピアノ練習を聞くのは初めてだった。
 主題に戻ってきたところで、それまでぼくに顔を向けることなくピアノを弾いていた彼女が、「ここうまく弾けないんだよね」と、初めてこちらを見ながら、はにかんだように、その可愛い笑顔の視線を向ける。
 その部分を、なんどか繰り返して弾く彼女。その顔は、真剣な輝きに満ちていた。いつもの彼女とは、また違った不思議な魅力だった。ぼくに音楽的な素養があれば、「リズムがつまっているから弾けないんだよ」とか、気の利いたコメントができるのだろうけど。
 「コンチェルト、今日は、まだ練習していないんだよね」と、ショパンピアノコンチェルト2番に入る。そして、マズルカ風ロンド。
 ぼくは、知らないうちに、どんどん彼女のピアノの練習の中に引き込まれていく。気が付くと、もう1時間近く経っていた。
 最後は、バラー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました