スポンサーリンク

渋沢栄一に学ぶ、相手を説得するテクニック。「いや」「でも」と否定しない 

社労士
渋沢栄一に学ぶ、相手を説得するテクニック。「いや」「でも」と否定しない  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]3月10日(水) 18:45 提供:日刊SPA! 千代田区大手町の常盤橋公園にある渋沢栄一像(Photo by Adobe Stock)◆今こそ「資本主義の父」に学びたい……激動の時代を生き抜くために、渋沢から学べることは多い。そのうちの一つが、相手の心を動かす渋沢の「説得テクニック」である。◆相手の言い分をきちんと受け止める……「なるほど、父上のおっしゃる所は一応ごもっともだけれども、日頃、あなたが世のなりゆきをお嘆きなさるのも私と同じ思いで、あるいはその思いは一層深いようにもうかがっております」……手の意見を尊重する姿勢を見せて初めて、相手はこちらの言うことに耳を傾け始めるのだ。◆気持ちは同じであることを強調……意見が対立しているといっても、すべての点で相違しているわけではない。……意見を戦わせるときには、互いの共通点を改めて確認しておくことが重要だ。……相手に「自分とそこまで違う考えをもっているわけではない」という安心感と腹落ち感を与えやすく、対立していた意見も合意に近づけることができる。◆「いや!」「でも……」と否定しない……「わかるよ」から「でもしかし」へ、……◆共通の目的を成し遂げるには?……「なるほどいわれてみれば、そういう道理もあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました