スポンサーリンク

北海道で飲むワイン

 東京では桜も散った4月、その一方で雪の残る旭川空港に降りました。
 その晩は、まだ、暮れ切らない旭川の街を一望できる、岡のうえのホテルで夕食。
 初めて、ふらのシャトーを頼みました。
 わずかな黄色
 んー メロンと青りんごのアロマ
 口に含むと心地よい穏やかな酸味・・・
 なかなかいい!
 一人で一本開けてしまったその夜は、少し飲みすぎ。
 降り出した4月の雪にも気が付かず就寝。
 
 翌朝の街は雪景色でした。
 ホテルでチェックアウトする際に、ワインの値段を見て、ちょと感動。
 街で買っても、3000円はするワインのはずでしたが、明細はほとんど原価!
 500円のワイン(別にそれはそれで悪くないのですが)で、堂々と3000円をとるのも珍しくない東京に慣れている私としては、とっても清々しい北海道の朝でした。
 二日酔いのせいか、肝心の記事を忘れていました。
 金融・商事判例(2021年5月1日号No.1615)に、私の「説明義務違反・適合性原則違反と投資家の自己責任」と題する論考を掲載していただきました。
 https://www.khk.co.jp/book/mag_detail.php?pid=53271
 専門誌なので、普通の書店にはないかもしれませんが、ご興味のある方はご覧になってください。

Source: 弁護士の良心 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました