スポンサーリンク

引き続き 児童虐待問題について考える

社労士

土日のテレビの報道番組でも、小4の女子児童が、父親から虐待を受けて、死亡した事件が取り上げられている。問題の児童相談所の対応に批判が集まっているが、児童虐待に関しては、警察、学校(教育委員会)、児童相談所の連携や子供に関する情報の共有など、この事件をきっかけにより機動的に対応できる運営が望まれるところである。特に日本は、従来より親権が強く、親が執拗に親権を主張すると、児童相談所としても折れざるを得ない状況もあるようである。年間8万件を超える、児童虐待の実態が報告される中、法改正も視野に入れた、児童虐待に対する対応整備が急がれるところだ。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました