スポンサーリンク

アルバイト社員の不足感を感じる企業は約7割/マイナビ

社労士



マイナビは2月12日、「アルバイト採用活動に関する企業調査」結果を発表した。
アルバイト社員の不足感を感じる企業は68.7%。業種別では、いずれの業種も人材不足感が強く、「警備・交通誘導」「清掃」では8割を超えた。人材確保のために実施した施策は、1位:「給与の増額」(30.6%)2位:「シフトの緩和」(26.2%)
3位:「シニア層の積極採用」(23.0%)などの順となった。尚、調査は、直近1年以内にアルバイト採用業務に携わった20~69歳の会社員(会社役員・自営業を含む)を対象に調査した「アルバイト採用活動に関する企業調査」の結果(回答数:1,323社)による。マイナビの上記調査結果の詳しい内容は以下のURLをご参照願います。↓https://www.mynavi.jp/news/2019/02/post_19084.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました