スポンサーリンク

部下が発達障害グレーゾーン。上司はどう付き合うべき?

社労士
部下が発達障害グレーゾーン。上司はどう付き合うべき?≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月22日(金) 15:54 提供:日刊SPA!  SPA!でも’18年に2度にわたり、大特集を展開した発達障害。その取材をきっかけに生まれた『発達障害グレーゾーン』(姫野桂著)も発売即重版となるなど、大きな反響を呼んでいる。第3弾となる今回は「発達障害という診断名がついていない人々」の苦悩を追った。◆「発達障害傾向を抱える部下」とはどう付き合う?「彼らとどう接していけばいいんだろう」「自分のせいで体調を崩してしまったらどうしよう」――発達障害の当事者やグレーゾーンの人々を部下に持ち、悩みながら向き合っている管理職も多い。そんな中、ブログ「発達障害部下のマネジメント術」の内容が的確だと、当事者たちの間で評判を呼んでいるakatokio氏。「発達障害傾向のある人とは、絶えず“ふんわりと状況を把握”できるようにしていくことが基本です。例えば、日報の最後に一行、『今は少し手が空いています』『いっぱいいっぱいです』といった直近の状況を書ける欄を作っておく。 長時間の面談だと、お互いに心理的負担も大きくなってしまうので、あえて緩い接触を多くする。そうすることで、業務の負担感を正確に把握できるようにし、部下にも『きちんと状況を知ってくれている』という安心感を持ってもらうことが大切かと思います」 コミ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました