スポンサーリンク

外出自粛を楽しい時間にとある会社が社員に配った「ポジティブになれる封筒」とは

社労士
外出自粛を楽しい時間にとある会社が社員に配った「ポジティブになれる封筒」とは ≪続きを読む≫[アメーバニュース]5月19日(火) 8:00 提供:Jタウンネット……[ちちんぷいぷい-毎日放送]2020年5月6日放送の「今日の拡散希望さん」のコーナーでは、社員を元気にするため、大阪のIT企業が行った企画について紹介していました。考えたのは、大阪北区にあるジールズという会社の大谷佳久社長です。同社では、スポーツイベントのWEBサイトやスマホアプリを開発しています。しかし、新型コロナの影響で各スポーツイベントなどが延期でピンチ。そこで大谷社長は、社員15人を元気にするため、「ポジティブになれる封筒」という企画を考えました。 封筒の中身は何...?この封筒には、3000円か5000円が入っていて、中身がわからない状態で社員が選びます。ですがこの企画、ただお金をもらえるだけではありません。その引いたお金を使って、おうち時間を楽しむというルールがあります。具体的には、以下の3点です。① 封筒に入っていた金額内でおうち時間を楽しむ② 自宅でできることに限る③ 3週間後、何に使ったかをシェアするさて、3週間後に社員から報告があった使い道とは?例えば、「ディズニーの本購入。ディズニーを満喫するための先行投資!」「ホットサンドメーカー。自宅でキャンプ気分が味わえる」。そのほか、「ヨ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました