スポンサーリンク

アディダスの3本線と識別力

我がオフィスのある渋谷の街を消しゴムのMONOデザインのバスが走った6月下旬。アディダスの3本線が、EU裁判所により商標登録を認められなかったというニュース(ロイター)が流れてきた。

アディダスでは2014年、同じ幅の3本の平行線が等間隔に配される「図形商標」を、衣料、靴、帽子などの区分で商標登録。これに対しベルギーのシュー・ブランディング・ヨーロッパが無効審判を申し立てた係争事件だ。

アディダスの保有する欧州連合の図形商標(EUTMM012442166号)を確認してみると、「本マークは商品に任意の向きで付された3本の等間隔・等幅のストライプである」と記載され、縦にモノクロで直線3本が並んでいるだけ。つまり、どの部位につけようが、どの向きにしようがアディダスが権利をもつという、非常に権利範囲の広い商標だった。このほか、アディダスの3本線の商標は、台湾企業など複数の国で係争の対象になっている。商標ではもっとも重要視される「識別力」の観点からみると、普通の模様と区別がつきにくくシンプルすぎるとでもいおうか。EU裁に際し、アディダスではEU域内5カ国内のデータを提出したが認められなかった。また、アディダスは他にもスニーカーやスポーツウエアの左袖など特定の場所に特定の向きで3本線をつける図形商標登録している。

識別力をいっそう強固に

ところで、冒頭に挙げたMONO消

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました