スポンサーリンク

「全然おいしい」←文法的にアリなの?専門家に聞いてみると…

社労士
「全然おいしい」←文法的にアリなの?専門家に聞いてみると...  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]11月6日(金) 11:00 提供:Jタウンネット [ちちんぷいぷい-毎日放送]2020年10月29日放送の「へえ~のコトノハ」のコーナーで、ついつい使ってしまう言葉「全然(ぜんぜん)」について取り上げていました。……番組では日本語の修飾語を研究している国語学者の浅田秀子氏に話を聞いていました。なぜややこしくなったのか浅田氏によると「ぜんぜんおいしい」は、文法的に「アリ」とのこと。夏目漱石の「坊ちゃん」にも「一体生徒が全然悪いです」というセリフがあるようで...。ぜんぜんは元々「100%である」という意味だということで、1955年初版の「広辞苑」には「全く。すべて。まるで」という意味しか書かれていませんでした。ところが、1969年の第二版になると突然、「下に否定の語を伴って、全く。まるで」となります。なので、この「広辞苑」を参考に国語教育が行われた当時の小中学生は、「ぜんぜん」には否定を伴うと覚えてしまいました。理由は不明だとか。……さらに新たな意味が誕生1983年の第三版以降は「(俗な用法として肯定的にも使う)完全に。非常に」と、注釈とともに書き加えられたそう。その結果、どちらにも解釈されてしまうというややこしい事態に。さらに新たな意味も。「この制服あ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました