スポンサーリンク

11月の業況DI、持ち直しの動きが続くものの力強さを欠く/日商LOBO調査

社労士















































日本商工会議所は11月30日、「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査」結果を発表した。11月の業況DI(全産業合計)はマイナス45.8で、前月比4.4ポイントの上昇。巣ごもり消費に下支えされた飲食料品関連のほか、Go Toトラベルなどのキャンペーン利用客が増加した観光産業を中心に業況感が改善した。生産が持ち直している自動車関連でも売上が増加した。一方、感染対策のコスト負担増加による収益圧迫に加え、感染急拡大に伴い、飲食・宿泊業を中心に業績改善の腰折れを懸念する声も多く、中小企業の業況感は持ち直しの動きが続くものの、力強さを欠くとしている。コロナが再拡大している現状において、先行きへの不安は払しょくされていない。調査結果の詳細は以下のURLを参照下さい。↓https://cci-lobo.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2020/11/LOBO202011.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました