スポンサーリンク

「令和3年度予算編成の基本方針」について議論/経済財政諮問会議

社労士















































政府は12月8日、2020年「第19回経済財政諮問会議」を開催した。議題は「令和3年予算編成の基本方針」。同方針の基本的考え方によると、「ポストコロナの新しい社会」に向け、「デジタル社会の実現」等のほか「中小企業の生産性向上や最低賃金の全国的な引上げ」、「テレワークや、同一労働同一賃金など働き方改革を推進」、「就職氷河期世代をはじめ、個々人の状況に応じた就労や社会参加など頑張る人を強力に支援する」ことなどをあげている。コロナの感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るという基本方針のもと、政府は今まで以上に難しい予算編成に取り組むことになる。「令和3年度予算編成の基本方針」の概要は、以下のURLをご参照下さい。↓https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1208/shiryo_02.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuhara

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました