スポンサーリンク

ねたみが強く自己肯定感が低い…リスナーの悩みに、若新雄純「みっともない自分を許して認めることが大

社労士
ねたみが強く自己肯定感が低い…リスナーの悩みに、若新雄純「みっともない自分を許して認めることが大事」 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]5月8日(土) 21:00 提供:TOKYO FM+……この日は、「自己肯定感が低く、何事も悲観してしまう自分を克服したい」というアラサー女性からの相談を紹介しました。……◆“自己肯定感”を高めるのは成功体験ではない!?……現代人の多くは、つい他人と比較したり、自分に劣等感を抱いたりしがちで、「これからの時代、僕らが真剣に向き合うべき問題の一つは嫉妬心だと思う」と主張します。……若新は「自己肯定感という言葉の意味を、きちんと理解している人はあまりいない」と指摘します。“自己肯定感”とは、「self-esteem」(自尊心)を翻訳したものだと言い、「“esteem”を“肯定感”と訳したのは間違いではないけれど、もう少し正確に(日本語として)捉える必要があると思う」と持論を展開。続けて、「自己肯定感を高めるために、さまざまなことにチャレンジし、いい結果を出して成功体験を積んで『“自分にもできる”という自信をつけましょう!』と言う人がいるけれど、自己肯定感という言葉の本来の意味の認識としてはちょっとズレている」と語り、「例えば、勉強やスポーツが同級生よりもできるという自信が、自己肯定感につながるわけではない」と明言。さらに、“self-este

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました