スポンサーリンク

30日(水) 7:00大坂なおみ選手の「怒り」制御術に学ぶ 精神年齢「3歳」社長を「5歳」にする

社労士
大坂なおみ選手の「怒り」制御術に学ぶ 精神年齢「3歳」社長を「5歳」にする方法(大関暁夫)  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]1月30日(水) 7:00 提供:J-CAST会社ウォッチ 女子プロテニス・全豪オープンの決勝で、大坂なおみ選手が2018年の全米オープンに続いて4大大会を連覇し、アジア人初の世界ランキングトップに立つという快挙を成し遂げました。……流れを引き戻したトイレットブレイク  試合後のインタビューで彼女はこう話しています。「負けていても意志があれば挽回して勝てること、ブレイクポイントも防げること、それを示せたと思う。開幕前3歳だった私の精神年齢は、5歳に成長したかな」 …………彼女がトイレットブレイクというわずかな時間で、冷静さを取り戻したその秘密は何なのでしょうか。欧米のスポーツ選手はもはや常識「怒り」のマネジメント 競技を問わず、欧米のスポーツ選手のあいだで、もはや常識となっているといってもいい身につけるべきスキルがあります。それは、アンガーマネジメントです。アンガーとは「怒り」。すなわち、突然沸き起こる「怒り」の感情をいかにコントロールするか。自らの「怒り」を制した者が戦いをも制することができる、というのがアンガーマネジメントの基本的な考え方です。このアンガーマネジメント、いわゆる「怒りの負の影響

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました