スポンサーリンク

来年の流行語に? 「シンクー」「指学問」…新語8選 時代や気分で日々進化す

社労士
来年の流行語に? 「シンクー」「指学問」…新語8選 .≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月8日(金) 20:00 提供:ananWEB 時代や気分で日々進化する、今どき「新しい言葉」辞典。現代社会を反映した言葉8つをピックアップし、『大辞泉』副編集長・大江和弘さんに解説していただきました。 「『マジ卍』のような語感やネーミングが面白いものや、『サムい』『すべる』といった、もとはお笑い芸人さんが使っていた言葉がテレビや雑誌で使用され、社会に定着するケースは多いです。最近は、SNSにより拡散スピードもアップしています。また、“財布=長い”が当然の時代にはなかったのに、小さい財布が増えたことで登場した『長財布』は、アイテムの変化から生まれた言葉の代表格。今年は、新元号をアレンジした言葉も生まれそうです」(『大辞泉』副編集長・大江和弘さん)ハラスメント・ハラスメント意味:自分にとって嫌なこと、都合が悪いことにはハラスメントだと問題にすること。現代の問題を反映。「…… もちろん、ハラスメントはいけないことですが、“髪型を褒めたらセクハラなの!?”と、ビクビクしている側の本音から生まれた言葉です」 ……シンクー意味:深夜に食事をする人。罪悪感のある行動を、カタカナでポップに表現。語尾を伸ばすことで、“をする人”という雰囲気が漂う。「何よりも音感がいい。流行語って

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました