スポンサーリンク

夢とは小さな「たい」の積み重ね。「カツカレー食べたい!」から始めよう

社労士
夢とは小さな「たい」の積み重ね。「カツカレー食べたい!」から始めよう ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月15日(金) 19:00 提供:新刊JP……こうして自らのビジョンを次々に実現し続ける心屋氏が、このたび新刊『心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方』(学研プラス刊)を刊行した。(構成/福島結実子)◆「私、カツカレー!」から始めよう――今回お話を伺って、夢がない人は、無理して見つける必要はなくて、夢がないまま平和に生きればいい。そう言っていただけると、「夢は何?」と聞かれても「うーん、今はないな」って平気で言えるような気がしてきました。心屋:それはよかったです。――ただやっぱり、「夢=生きがい」という気がしてしまって、夢があったほうが人生、楽しそうだし、充実しそうだなとは思います。今までのお話を聞いてきて、そもそも「夢」って何だろう? という疑問も浮かんでしまったんですが。心屋:夢とは「たい」です。「したい」「行きたい」「会いたい」「見たい」「聞きたい」「食べたい」……の「たい」という「好奇心」なんですよね。生きがいレベルの夢が欲しいという人は、こういう小さな「たい」をつかまえずに、大きな「たい」をつかまえようとしてるんですね。でも本当は、まず自分の小さな「たい」を感じて、叶えてあげることが大事。――本当に小さなことでいいんですか?心屋:たとえばカフェで、みんながミルク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました