スポンサーリンク

若者11億人が難聴の危険!? 「スマホで音楽鑑賞」に潜むリスク

社労士
若者11億人が難聴の危険!? 「スマホで音楽鑑賞」に潜むリスク<a _blank="" href="https://tfm-..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月20日(水) 20:20 提供:TOKYO FM+中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。2月19日(火)放送の「WAKE UP NEWS」のコーナーでは、医療法人とおやま耳鼻咽喉科の遠山祐司さんに、スマートフォンなどによる難聴の危険性について伺いました。世界保健機関(WHO)は、スマートフォンなどで大音量の音楽を聴き続けると難聴になる恐れがあるとし、世界の若者(12~35歳)の半数近くに当たるおよそ11億人が難聴になる危険性が高いと警告しています。……イヤホンやヘッドホンの種類には、大きく分けて開放型と密閉型の2タイプがあります。遠山さん曰く、「音漏れのしにくい密閉型のほうが、耳へのダメージが大きいと思う」とのこと。さらには、「一度聴力が失われてしまうと、今の医学では回復することは非常に難しい」とも言います。「まわりの音が全く聴こえないほどの大音量で長時間聴き続けることは、耳へのかなりの負担になる」と言います。難聴にならないための心がけとして「1時間半ぐらい聴いたら一旦イヤホンやヘッドホンを外し、5~10分程度休憩すること。(耳が)回復

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました