スポンサーリンク

コンビニからチェーン店まで…食べていい弁当、食べてはいけない弁当

社労士
コンビニからチェーン店まで…食べていい弁当、食べてはいけない弁当 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月22日(金) 11:00 提供:日刊大衆  今や生活に欠かせない弁当。しかし、知らぬ間に危険物を食べている可能性も。……本誌記者が各店舗の弁当を持ち帰り調査。その実態を調べた。  まずは某スーパーで、「九州産地鶏」の文字と“鶏はヘルシー”というイメージから、「ささみかつ&ハンバーグ弁当」を買ってみた。ところが、弁当容器の裏に貼ってある原材料表示を見て、ビックリ仰天。食品添加物が計21種類も使われていたのだ。…… 『食べてはいけないお弁当 食べてもいいお弁当』(だいわ文庫)の著者で、科学ジャーナリストの渡辺雄二氏が話す。「添加物の中には人工的に化学合成されたものが数多くあります。お弁当の場合は具材が多く、どうしても10〜20種類の添加物を使わざるをえません。一概には言えませんが、15種類以上も使われているとなると、胃腸の粘膜を刺激し、胃部不快感の原因になりかねません」  数はもちろん、重要なのは添加物の種類だ。たとえば、発色剤として使われる亜硝酸ナトリウム。お弁当に入っているハム・ソーセージ類や明太子がくっきりした色になっているのは、この化学物質を添加しているためだ。「亜硝酸ナトリウムは急性毒性が強く、肉や魚肉・魚卵に含まれるアミン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました