スポンサーリンク

【リカちゃん平成史】時代を反映し、憧れの半歩先を行く

社労士
【リカちゃん平成史】行方不明のパパが元年に初登場、時代を反映しバブル期には億ションも  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]3月3日(日) 9:30 提供:ORICON NEWS 1967年の発売以来、世代を超え多くの女のコに愛され続けているタカラトミーの「リカちゃん」。その歴史を振り返ると、家族構成やファッションなど、つねに時代背景やトレンドを反映していることがわかる。……■平成元年に初登場 行方不明だったリカちゃんのパパがマイホームパパに!?……リカちゃんのパパが登場したのが平成元年にあたる1989年。…… パパの「香山ピエール」はフランス人で、36歳の音楽家。…… そんなパパは、女性の社会進出や男性の積極的な育児への関わりが注目され始めてしばらくたった2014年に、“イクメン オブ ザ イヤー”を受賞。子育て先進国のフランスで生まれ育った彼は、家族との時間を大切にし、子供をお風呂に入れたり、家事にも積極的に取り組むイクメン。受賞後は、1年間の育休を取り、Twitterを通して育児の楽しさや悩みを発信し、イクメンの認知にも貢献した。■バブル期には“億ション”も? ハウスや家電グッズにも時代を反映 リカちゃんを使った「ごっこ遊び」に欠かせない“家”も、時代に合わせて変化している。平成の始まる1年前、1988年にはバブル期の象徴とも言える「ひろびろオクション」を発売。さらに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました