スポンサーリンク

働き方改革 企業対応に苦慮

社労士


昨日3月27日の読売新聞朝刊で、タイトルの記事が目に留まりました。この4月から始まる年休5日の付与の義務付けには、中小企業で今まで年休付与に消極的だったところにはかなりの負荷がかかっているようです。5日の年休付与を宣言するにも、人の手当ができるかどうかやりくりが大変だとの取材記事があり、私も仕事柄、そのような中小企業経営者の声をよく聞きます。また、残業時間の月100時間超への罰則規定は、大企業はこの4月からですが、中小企業でも来年4月から適用されます。こちらも、中小企業は1年の猶予があるとはいえ、長時間労働が常態化しているところは、今から残業時間の削減に向けた取り組みを開始することが望ましいと思います。いずれにしても、今回の働き方改革関連法には、中小企業経営者は対応に苦慮しているところが多そうですが、この機会に業務の見直し・改善に繋げるといったプラスの発想が必要かも知れません。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました