スポンサーリンク

仕事に対する意識調査日本が最も悲観的、運頼みな傾向も

社労士
仕事に対する意識調査日本が最も悲観的、運頼みな傾向も ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月12日(水) 14:09 提供:OVO……ビジネス特化型ソーシャルネットワーク、リンクトイン(LinkedIn)が、世界22カ国を対象に実施した「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」によると、日本は他国に比べ仕事や成功への自信が少なく、22カ国中最も悲観的だった。 経済状況や幸福度(個人の実感や親との比較)、仕事で成功する自信などを指標として算出した結果。まず「人生で成功するためには、何が重要だと思いますか?」という問いに対しては、日本も他国同様「一生懸命働くこと」が最上位。もっとも、他国では「変化を喜んで許容すること」「ふさわしい人々とのつながりやネットワーク」と続くのに対し、唯一日本のみ2位に「幸運」が挙がり、外的要因任せの傾向がくっきり。また、「ふさわしい人々とのつながり」は上位に挙がらず、新卒採用や終身雇用など、従来の日本型雇用が持つ社内重視の現状を反映したようだ。 そこで「どのような仕事を求めますか?」と尋ねると、世界平均の結果は、「ワークライフバランスが優れている仕事」と「自分の大好きなことができる仕事」が同率1位で全体の4割。「家族や友達と充実した時間を過ごす」や「身体や精神をアクティブに維持する」も上位だ。一方日本で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました