スポンサーリンク

コロナショックの今、知っておきたいキャッシュレス

社労士
コロナショックの今、知っておきたいキャッシュレス  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]4月15日(水) 15:42 提供:ゆかしメディア…… 昨年10月に始まったキャッシュレス決済利用により最大5%割引されるという消費者還元事業も、今年の6月末で終了してしまう。今後の還元事業や、キャッシュレス決済の将来について見ていく。キャッシュレスを政府が推進しているわけまず、政府の目標を確認する。経済産業省が2018年に公表した「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年までにキャッシュレス決済比率を40%とする目標を設定し、将来的には80%を目指すとした。当時のキャッシュレス決済比率がおよそ20%であったことから、かなり高い目標と言える。同じく2018年に発表された「未来投資戦略2018」では、「IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能、ビッグデータ等の新たな技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、社会的課題を解決することで新しい社会への変革を図る」と公表。その重点目標として、キャッシュレス(フィンテック)が取り入れられた。つまり、キャッシュレス化の推進は、日本経済の潜在力を底上げする成長戦略の重要な柱として位置づけられているのだ。また、来日する外国人の利便性向上によるインバウンド消費の増加など、実利でもメリットが大きい。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました