スポンサーリンク

企業の人手不足感は急激に低下/帝国データバンク

社労士















































帝国データバンクは5月25日、「人手不足に対する企業の動向調査」結果を発表した。
正社員が不足している企業は31.0%で、前年同月比19.3ポイント減。4月としては4年ぶりに4割を下回り、人手不足割合は大幅に減少している。一方で、訪日外国人の大幅な減少や外出自粛が続いたことにより、「旅館・ホテル」、「飲食店」、「娯楽サービス」などの業種では、人手の「過剰」割合が急増している。非常事態宣言が解除されたとはいえ、急激な回復は難しいと思われる。今後も労働力不足は緩和され、コロナの影響が大きい業種では人員整理も視野に入ってくる。調査内容は、以下のurlをご参照下さい。↓https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200510.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました