スポンサーリンク

85歳の現役美容研究家が教える他人の悪意に負けない「心の美容法」

社労士
85歳の現役美容研究家が教える他人の悪意に負けない「心の美容法」 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]7月26日(日) 17:00 提供:新刊JP……85歳の現在まで現役で楽しく元気に過ごしている美容研究家・メイクアップアーティストの小林照子さんは、いつも「いまの自分」を愛せる自分でいようと思ってきたという。自分で自分を許せないのはつらい。自分を大事に、愛し続ける秘訣について、小林さんは「言葉」だとしている。■辛い時こそ「10年後」に思いを馳せて言葉には魂が宿るというように、人間は自分が発した言葉によって精神状態が変わるところがある。では、苦しい時、困った時、つらい時に自分を楽にする言葉とは?『美しく生きるヒント』(小林照子著、青春出版社刊)で、小林さんは、今つらい出来事の最中だとしても、「10年後に何になっていたいか」考えながら生きることの大切さを説いている。これは小林氏自身が体調不良のときにいつも自分にかけてきた言葉だという。不測の事態が起きたとき、自分は不運だ、自分は不幸だ、と思わないようにするためにも、「今の人生はダメじゃない」「10年後に向かって、人生の舵を切り始めている」と言葉にする。すると、夢を追うことを思い出したり、新たに人と出会うために、新しい人生の舵を切っている、と思えるようになる。もしかしたら、これらの言葉はその瞬間にはただの「強がり」か「やせがまん」

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました