スポンサーリンク

中小企業の人手不足感は感染症の影響により低下/日商、東商

社労士















































日本商工会議所及び東京商工会議所は9月14日、中小企業を対象とした「人手不足の状況、アフター・コロナを見据えて推進すべき働き方に関する調査」結果を発表した。「人手が不足している」と回答した企業は36.4%で、感染症拡大の影響が現れ始めた本年2~3月時点の調査と比べて24.1ポイント低下した。業種別では、「宿泊・飲食業」(37.9ポイント低下)「運輸業」(30.1ポイント低下)「製造業」(27.3ポイント低下)で、人手不足感が大幅に緩和されているとしている。一方で、コロナ下でも人手不足感が強い業種は、「介護・看護」(66.0ポイント)「建設業」(56.9ポイント)「その他サービス」(44.0ポイント)となっている。調査結果については、以下のURLをご参照願います。↓https://www.jcci.or.jp/20200914_pressrelease.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuha

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました