スポンサーリンク

2020年の企業の「後継者不在率」は57%/東京商工リサーチ

社労士















































東京商工リサーチは11月13日、「後継者不在率」調査結果を発表した。2020年の企業の「後継者不在率」は57.5%で、前年より1.9ポイント上昇した。年齢別では、60代(40.4%)、70代(29.1%)、80歳以上(23.5%)。産業別では、情報通信業(75.6%)が最多、次いでサービス業他(63.3%)、小売業(60.7%)、不動産業(59.2%)など。コロナ禍でビジネスモデルの変革も迫られている。2020年の「休廃業・解散」は1~8月で3万5,816社(前年同期比23.9%増)となっている。倒産件数はコロナ特別融資などの効果もあり、低水準で推移しているが、休廃業・解散件数は多くなっている。調査結果については、以下のURLをご参照下さい。↓https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20201113_01.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuhara

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました