スポンサーリンク

『偽薬』が人気の理由「効かないことに価値がある」

社労士
有効成分はウソ? 『偽薬』が人気の理由「効かないことに価値がある」 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]11月30日(月) 7:30 提供:ORICON NEWS全く効果のない薬が話題だ。かつて製薬会社で働いていた水口直樹氏が開発した偽薬『プラセプラス』。有効成分は入っておらず、医薬品ではなく薬の形をした食品である。……開発者のプラセボ製薬代表・水口氏に聞いた。■臨床試験で“偽薬”でも効果が出ることに着目 医療費軽減の可能性も……【水口さん】かねてから医療費が高騰していることに問題意識を感じていて、今何か手を打たないとこの先さらに苦しくなると思ったんです。……――製薬会社で働く中で、薬に対する問題を感じていらっしゃったのでしょうか?【水口さん】医薬品で利益を得ることを考える以上、医療費を抑えようと言うよりは、どうしても売れる薬を作ろうということになります。利益を追求すればするほど、社会問題が拡大する可能性は感じていました。医療費高騰の問題は、誰が責任を持って抑制しようとしているかというと曖昧で、誰も自分事としてとらえていないように感じます。……――これまでに、水口さん自身が“プラシーボ効果”を強く実感された経験はありましたか。【水口さん】医薬品は臨床試験を経て販売に至るわけですが、その際効果を比べて検証するんです。例えば血圧を下げる薬で、偽薬と比べてどれだけ下がったかを比較するのです

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました