スポンサーリンク

片付けは「捨てなくていい!」掃除の達人・古堅純子さんの暮らし方の極意3か条.

社労士
片付けは「捨てなくていい!」掃除の達人・古堅純子さんの暮らし方の極意3か条. ≪続きを読む≫[アメーバニュース] 12月28日(月) 17:00 提供:レタスクラブ……この時期、部屋を短時間でラクにすっきりさせたい人のために、『シニアのための なぜかワクワクする片づけの新常識』(朝日新書)などで人気の整理収納アドバイザー古堅純子さんが片づけ&掃除のコツを教えてくれました。……①捨てるのが大変なら「寄せる」……「『捨てる』ことが大変であれば、捨てなくてOK。不要に思えるものは『寄せる』のがおすすめです。寄せる場所は、部屋の隅の目立たない箇所や、使っていない部屋、棚の奥などがねらい目。箱に入れて隠すだけで部屋がすっきりして、生活空間が快適になります」(古堅さん)②「散らかりにくい部屋」が福を呼ぶ……「家族がくつろぐ部屋にモノが多いと、そこは必ず散らかります。そこにモノがないだけで、自然と部屋はスッキリします。ストレスもモノも蓄積させない部屋作りを目指しましょう。散らかりにくい部屋を意識してモノを『寄せる』ことで、好循環が生まれます」(古堅さん)③サッとひと拭き!「汚れをためない清潔な暮らし」を意識する……「汚れは、汚れた時にすぐに取り除くのが理想的。室内用の各種洗剤をスプレーに入れておいたり、拭くための布を取り出しやすい場所にスタンバイしておくなど、すぐに使える道具を用意して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました