スポンサーリンク

外国人労働者約172万人、過去最高を更新するも、増加率は大幅に低下/厚労省

社労士















































厚労省は1月29日、外国人雇用についての事業主からの届出状況を公表した。2020年10月末現在の外国人労働者数は172万4,328人で、前年同期比6万5,524人(4.0%)の増加。07年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新したが、増加率は前年比9.6ポイント減少。国籍別では、ベトナムが中国を抜いて最も多くなり、44万3,998人(外国人労働者数全体の25.7%)。次いで中国41万9,431人(同24.3%)、フィリピン18万4,750人(同10.7%)の順。在留資格別では、「専門的・技術的分野の在留資格」の労働者数が35万9,520人で、9.3%の増加。「技能実習」の労働者数が40万2,356人で、4.8%の増加。上記内容の詳細については以下の厚労省のURLを参照下さい。https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16279.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました