スポンサーリンク

東大教授が結論付けた「頭の良さ」の意外な正体とは

社労士
東大教授が結論付けた「頭の良さ」の意外な正体とは≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月12日(金) 19:00 提供:新刊JP……独学で東大教授への道を切り拓いた柳川範之氏は『東大教授が教える知的に考える技術』(草思社刊)で、この時代に必要なのは、ただ情報をかき集めるのではなく、自分なりの発想や自分なりの考え方を組み立てて、情報を処理することだと述べる。……■「正解」を追い求めてしまう日本人柳川氏は日本人の思考の悪癖について指摘する。それは「正しさの基準」を外に求めてしまうことだ。……しかし、判断に「正解」は存在しない。あるケースでは正しかったとしても、別のケースでは正しくないかもしれない。大切なことは「正解」を探すことではなく、自分なりにきちんと考え抜いて、良い解決策を導き出すということだ。これは仕事においても、私生活においても同じである。この考える力がないと、大量の情報に流され続けることになる。言われている「正解」だけを追い求めていると、新しい価値に気づけず、突発的なトラブルや変化にも対応できなくなってしまう。■知的に考えるためには「調理道具」を揃える……では、「考えるための土台」をつくるために具体的に何をすればいいのか。まず必要なことは「発想を変えること」。情報はそのままでは役に立たないため、調理が必要だ。情報を丸呑みするのではなく、頭の中で加工してこそ力になる。この発想を持

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました