スポンサーリンク

「震度6弱以上の地震」が「30年以内」に起きると予測されている場所は? 政府が「地震予測地図」を

社労士
「震度6弱以上の地震」が「30年以内」に起きると予測されている場所は? 政府が「地震予測地図」を公表 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]3月29日(月) 20:40 提供:TOKYO FM+……テーマは「政府が『地震予測地図』を公表」。報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに話を伺いました。……政府の地震調査委員会は、「今後 30 年以内に震度 6 弱以上の激しい揺れに襲われる確率」を示した地図を公表しました。県庁所在地など、都市部の多くは揺れが強くなりやすい立地にあるとして、改めて備えを確認するよう呼びかけています。▶▶全国地震動予測地図2020年版:https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/shm_report_2020/……米重:日本の場合、南海トラフや千島海溝といった、プレートが沈み込む位置に巨大地震の発生が予想される場所があります。東日本大震災も、そういった“海溝型”と呼ばれる地震にあたるのですが、今回の予測地図でも、この“海溝型”の大きな地震の影響が懸念される場所でかなり高い確率が出ています。例えば、北海道の根室市は80%、釧路市が71%、茨城県の水戸市では81%、静岡県の静岡市でも70%といった確率で、向こう30年の間

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました