スポンサーリンク

会社の成長が止まる…社長がボトルネックになる会社

社労士
会社の成長が止まる…社長がボトルネックになる会社  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]4月7日(水) 18:00 提供:新刊JP『ゼロから年商10億円企業を創る』(松本剛徹著、ぱる出版刊)……■社長がボトルネックになって成長が止まる会社と伸び続ける会社――社長がボトルネックになって会社の成長が止まるケースもあると書かれていました。これは具体的にはどういうケースなのでしょうか?松本:これは簡単で、社長が全部ひとりでやろうとがんばりすぎているケースです。――年商1億円までは、営業から商品開発、事務にいたるまで社長が一人でこなすケースは珍しくないそうですね。松本:そうですね。ただ、年商5億円くらいになってもまだその状態だと、それ以上の成長ができなくなってしまいます。社長が一生懸命目の前のことに取り組みすぎると、案外会社は伸びないことが多いんです。――がんばって目の前のことに取り組んでいないと不安なのかもしれないですね。松本:そうですね。そして、そういう経営者ほど、仕事を他の人に任せるのが苦手だったりします。結局、仕事は任せられないと会社は大きくならないんですよ。社長がボトルネックになるというのは、そういう意味です。……――最後に読者の方々にメッセージをいただけたらと思います。松本:年商が上がっていくにつれて、社長の役割や仕事は変わってきます。だから、経営者はどんどん自

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました