スポンサーリンク

2021年度の業績見通しは「増収増益」27.4%、「減収減益」26.0%/帝国データバンク

社労士















































帝国データバンクは4月14日、「2021年度の業績見通しに関する企業の意識調査」結果を発表した。21年度の業績見通しを「増収増益」とする企業は27.4%で、前回調査(20年3月)の20年度見通しから13.9ポイント増加。「減収減益」を見込む企業は26.0%で、同18.4ポイント減少。業種別でみると、増収増益では自動車関連の「輸送用機械・器具製造」(40.4%)が最多、減収減益では総合スーパーなどの「各種商品小売」(38.1%)が最多。2020年度がコロナ禍で大きくマイナスになった業種は、逆に増収になる可能性が高まったとも言えるので、前年の業績がどうだったのかをチェックする必要があるだろう。調査結果の詳細は、以下のURLをご参照下さい。↓ https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p210406.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto y

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました