スポンサーリンク

「メンタリング・マネジメント」福島正伸著を読み終えて

社労士















































知人から紹介されたタイトルの著書を読んでみた。マネジメントは、管理ではなく、見本を見せ、信頼し、支援するメンターとしての役割を全うすることだと著者は言う。部下を育てたければ、自分が変わらなければならないとの言葉は響くなと思った。それは、家族にも言えることだ。全ては、自分の行いが反映しているということ。7月に管理職向けの労務管理研修の講師をする予定だが、今日読み終えたこの著作の主旨をしっかり、心に留めて研修に臨みたい。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました