スポンサーリンク

一定数存在する「頑張れない人たち」をどうサポートすべき?

社労士
一定数存在する「頑張れない人たち」をどうサポートすべき? 支援者の心がけを児童精神科医が説く  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]6月1日(火) 20:00 提供:Web本の雑誌2019年に発売されて話題となったベストセラー『ケーキの切れない非行少年たち』。児童精神科医である宮口幸治氏が、人口の十数パーセントはいるとされる「境界知能」の人々にフォーカスし、彼らが学校や社会で困らないための実践的なメソッドを公開した一冊です。その続編にあたるのが、今回紹介する『どうしても頑張れない人たち~ケーキの切れない非行少年たち2』。……なぜ頑張ろうとしても頑張れないのでしょうか。 その理由のひとつが「認知機能の低さ」です。見る、聞く、想像するといった力が弱いため、入ってくる情報にゆがみが生じ、いくら頑張ってもうまくいかず、次第に「やっても無駄だ」と感じるようになり、頑張れなくなるのだといいます。また、人間は「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求/所属と愛の欲求」「承認の欲求」という4つの欲求が満たされて初めて自己実現の欲求が出てくるもの。けれど、虐待など恵まれない家庭で育った者は、これらの土台が満たされていないケースも多く、それでは頑張る以前の問題になってしまうのだそうです。いっぽうで、「頑張れない人でも、うまくスイッチを入れてあげると、想像ができないくらい頑張れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました