スポンサーリンク

国22統計で不適切処理/総務省発表

社労士
1月25日の読売新聞の報道によると、国の基幹統計(全56種類)の内、7省が管轄する22の統計で不適切な処理が見つかったと総務省が発表した。厚労省の毎月勤労統計の不適切調査問題に端を発した問題は、国の行政全体へ広がりを見せ、行政に対する信頼の低下は留まるところを知らない状況になりつつある。なぜ、このようなことになってしまったのか、「赤信号みんなで渡れば怖くない」的などの省庁でもやっていることだからといった無責任な対応が根底にある気がする。それらのデータを基に、いろいろな施策がなされていることを考えると、本当にこの国の将来は大丈夫なのだろうかと不安に感じているのは、私だけではないだろう。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!  社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました