スポンサーリンク

自律神経を整える9つの生活習慣 

社労士
あえて、ごはんを定時に食べない! 自律神経を整える9つの生活習慣 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月3日(日) 19:30 提供:ananWEB……内科医の小林暁子先生にお聞きしました! ……「消化吸収器官の腸は、本来活発に動くことで正しく機能します。でも、自律神経の乱れや腸に負担のかかる食生活など、生活習慣によっては動きが悪くなってしまいます」……「自律神経はメリハリが必要で、交感神経と副交感神経がバランスよく、両方高いことが大事です。ストレスの影響で交感神経が高くなりすぎると、腸の働きは悪化します。ストレスの多い現代では普通に生活していても交感神経が高くなりやすいため、意識的に改善することが必要です」……朝起きたらコップ1杯の白湯を飲む。 眠っていた胃腸に水分が入ることで、体内の時計遺伝子のズレをリセットでき、カラダが朝を認識。腸の働きも良くなる。冬場、胃腸を冷やさないためには、白湯がおすすめ。毎日、お肌と便の状態をチェックする。腸の状態を知らせるバロメーターは便と肌。便は色や形、においなどの変化をチェック。吹き出物など肌の状況も腸内環境の代弁者。わかりにくい腸内環境の改善も教えてくれる。ごはんを定時に食べるのをやめる。朝食は体内時計の調整に役立つもの。ただ空腹を感じずにごはんを食べると、脳と腸のセンサーが鈍感になるので、昼、夕食は時間にこだわ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました