スポンサーリンク

部下をダメにする上司がやりがちなコミュニケーションの特徴

社労士
部下をダメにする上司がやりがちなコミュニケーションの特徴 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月6日(水) 19:00 提供:新刊JP……グローバルトレーニングトレーナーの山口博さんによる『ビジネススキル急上昇 日めくりドリル』(扶桑社刊)の内容を参考にしながら、部下の成長をストップさせる上司のNGコミュニケーションと、その対処法を3つにまとめてみました。■メールの内容が「○○しろ」という命令・用件だけ……その例の一つが、「ああしろ」「こうしたほうがよい」というトップダウンの指示や命令です。山口さんは、こうしたコミュニケーションは、上司側に「忙しくなった」「自信がでてきた」というような変化があるときに起こると指摘します。……部下が活発に動くボトムアップ型のチームをつくるには、コミュニケーションの時間が必要です。……■面談の内容が「ダメ出し」ばかりになっている目標設定や業績確認など、上司と部下の1対1の面談で「ダメ出し」ばかりする。こちらも部下を委縮させ、パフォーマンスを下げてしまう悪要因になります。…… 部下のパフォーマンスを最大限発揮させるのが上司の役割の一つ。そのために、上司は部下に対して段階的に質問をしていきながら、改善点の克服と将来自分が活躍するために何をすべきなのかを考えてもらうことが必要です。「ダメ出し」だけでは、視点は未来に向きません。■「こうすれば部下はモ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました