スポンサーリンク

「児童虐待 最悪8万人」の報道について考える

社労士

2月7日の読売新聞夕刊の報道によると、児童虐待の疑いがあるとして、全国の警察が昨年1年間に児童相談所に通報した18歳未満の子どもの人数が、前年比1万4673人増の8万104人(暫定値)に上り、統計上、最高を更新した。千葉県野田市の小四の女子児童が、両親からの虐待を受けて死亡したケースは、児童相談所の対応も含めて、大きなニュースとして毎日のように報道されている。なぜ、ここまで児童虐待の数が増えるのか、原因の究明と同時に、政府も取組み強化を閣僚会議で指示したというが、防止策のルール化も必要だ。こんな悲惨なニュースを毎日のように聞くのは、それだけで悲しく、不愉快な気持ちになる。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました