スポンサーリンク

働き方改革関連法の認知度調査結果/商工会議所

社労士


2月20日発行の東京商工会議所の東商新聞の記事によると、東商および日本商工会議所は1月9日、「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」をとりまとめた。主な調査結果は以下の通り。1.時間外労働の上限規制について内容を知っている:60.4% vs 知らない:39.3%2.年次有給休暇の5日間の取得義務化内容を知っている:75.4% vs 知らない:24.3%3.同一労働同一賃金について内容を知っている:51.5% vs 知らない:47.8%これらの割合は、従業員規模が小さくなるほど下がる傾向があり、今だに中小企業において、働き方改革関連法に対する認知が低い実態が浮かびあがった。我々社労士も、もっと中小企業経営者に寄り添い、内容の周知をしないといけないだろう。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました