スポンサーリンク

「努力はするな、工夫をしろ」の精神を大事に 

社労士
嫌いな人はいてもいい。大事なのは不機嫌で人をコントロールしないこと #大学1年生の転び方 ≪続きを読む≫ [アメーバニュース]1月27日(月) 18:00 提供:マイナビ学生の窓口……今回のお便りは、大学の研究室に通うのが辛いと訴える方からのものです。……まあ、どうしたって狭い世界なので、人付き合いがつまらなくなるのは、わからないではないです。……「努力はするな、工夫をしろ」の精神を大事に じゃあ、どうすればいいの? という話ですが、こういう ときは努力はするな、工夫をしろ」なんですよね。自分を根本から変えるなんて土台無理な話。でも、ちょっとだけ工夫をしてみませんか?まず、今の研究室のことは半分諦めて、それ以外の場所で楽しく過ごす時間をたくさん作ってください。そうすれば、週に数時間のつまらない時間は「修行」だと思って耐えられますから。……『大学1年生の歩き方』にも書いたんですが、居場所は複数あるに越したことはありません。むしろ、ある居場所が失われた時に、ほかの居場所が自分を支えてくれるので、居場所の複数化はとても大事です。あるいは、誰かにイライラさせられたのであれば「おっ、このわたしをイライラさせるなんて、大したもんじゃないか、10ポイント!」とか「あと50ポイントたまったら、ハーゲンダッツを買うぞ!」とか、ユーモアで自分の機嫌を取ってみてはどうでしょ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました