スポンサーリンク

コロナでアメリカは食肉不足…日本のファミレスやファストフードはどうなる?

社労士
コロナでアメリカは食肉不足…日本のファミレスやファストフードはどうなる?≪続きを読む≫[アメーバニュース]5月30日(土) 15:51 提供:日刊SPA!……◆穀物・食肉の輸出規制で外食・中食が一変する!?コロナ禍による世界的な食料不足が囁かれ始めている。……こうした状況のなか、日本の食料市場はどう変わるのか。資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表はこう指摘する。「コロナ禍で経済活動や物流が寸断されたことで、世界の食料市場では『不足』と『過剰』が同時発生しています。つまり、輸入に頼っていた業務用の安価な食材は不足し、輸出のための付加価値の高い高級食材は過剰・廃棄を余儀なくされつつあるのです」 柴田氏は「日本も決して安心してはいられない」として、食料不足も起こりうると警鐘を鳴らす。というのも、日本はカロリーベースで食料の6割以上を海外に依存しているばかりか、生産現場の脆弱化により農業総産出額は’17年をピークに減少しており畜産、野菜、コメなどいずれも生産量は頭打ちの状況なのだ。……一方、流通アナリストの渡辺広明氏も、食材の不足や値上がりが外食産業に影響すると見ている。「日本のスーパーを調査すると、コメや野菜は国産品が多い一方で、食肉とその飼料は輸入に頼っている部分が多い。コロナ禍が長引けば値上がりや不足する可能性も出てくる。海外産の食肉や魚介類を多用するファミレスやファストフード、回転ず

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました