スポンサーリンク

特定技能在留外国人数は3,987人、3カ月で2.5倍に/法務省

社労士















































法務省は5月29日、2020年3月末現在の特定技能在留外国人数を公表した。
前回(2019年12月末)の1,621人に比べて2,366人増加して3,987人となり、約2.5倍となった。男女別では、男性2,085人(構成比52.3%)、女性1,902人(同47.7%)。国籍・地域別では、ベトナム2,316人(構成比58.1%)、インドネシア456人(同11.4%)、中国331人(同8.3%)など。産業別では、飲食料品製造業1,402人(35.2%)が最多、次いで農業686人(17.2%)など。ただ、2.5倍といっても、当初の目標には遠く及ばない。また、内容をみると、技能実習生からの移行が9割以上を占めており、実質的には特定技能としての外国人労働者の受け入れが進んでいるとは言えない状況である。
法務省の調査結果は以下のURLをご参照ください。↓http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri06_00115.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ラ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました