スポンサーリンク

「100歳まで元気な人」「早死にする人」生活習慣徹底比較 

社労士
「100歳まで元気な人」「早死にする人」生活習慣徹底比較 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]6月20日(土) 18:00 提供:日刊大衆……どんな生き方や生活習慣を身につければ元気でハツラツとした長生きおジイになれるのか? まずは数理統計学や予防医学の権威である岡田正彦・新潟大学名誉教授(医学博士)に話を聞いた。「まず、体格はBMI値(肥満度を示す指数)で26以内、22以上の人が寿命が長いというデータがあります。太りすぎはダメですが、痩せすぎも免疫力が低下して寿命が短くなるんです」長寿者は肉や魚、卵などのタンパク質食材を多く食べているのだが、意外な落とし穴は牛乳などの乳製品だ。「ヘルシーな印象ですが、飲みすぎると逆にコレステロールや中性脂肪の値が急上昇するんです。乳製品の中で唯一、コレステロール値を上げないヨーグルトを食べるようにしましょう」また、肉類の調理法は焼くより煮るほうがいい。「肉類を高温で長時間焼くと発がん物質が出て大腸がんなどのリスクが高まります。…… ベストな食べ方は100度以下で調理するしゃぶしゃぶや、すき焼きでしょう」……意外なものでは、「テレビを長時間見ている人は早死にしてしまう」というデータだ。「…… 具体的に言うと、1日4時間以上テレビを見ている人は、2時間以内の人に比べ、死亡率は1.46倍高くなります。これはテレビをずっと見ていることで、体が動かないことが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました