スポンサーリンク

「テレワーク拡大」賛成7割 「通勤の苦痛なくなる」/時事通信

社労士














































時事通信が5月に実施した「労働に関する世論調査」で、新型コロナウイルス感染拡大に伴い企業で導入が進んだテレワークの是非について18歳以上の男女に聞いたところ、感染の収束後も「拡大すべきだ」との回答が7割に上った。
内訳は「拡大すべきだ」が24.8%、「まあ拡大すべきだ」も45.2%で、計70.0%が「拡大すべきだ」と回答した。テレワークのメリットとしては、・通勤の苦痛がなくなる(68.2%)・遠隔地でも働けるので、家賃や土地の安い場所で暮らせる(50.6%)・家族などを介護中の人も働ける(47.7%)・無駄なサービス残業が減る(42.4%)・身体障害者が今以上に働きやすくなる(41.6%)など一方のデメリットについては・会社にいないとできない仕事がある(71.9%)・会社の人間関係が希薄になり、仲間意識がなくなる(39.1%)・上司や部下、同僚との打ち合わせや指示が難しい(35.8%)・子供や同居の家族に仕事の邪魔をされる(30.0%)・自宅で毎日仕事をすると、光熱費や食費が増加する(29.9%)など確かに、通勤ラッシュが緩和されたのは、テレワークの一番のメリットと言えるだろう。にほんブログ村↑ラン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました