スポンサーリンク

芸能人や政治家も失敗するツイッターの炎上対応。「言葉足らずでした」が悪手の理由は?

芸能人や政治家も失敗するツイッターの炎上対応。「言葉足らずでした」が悪手の理由は?≪続きを読む≫[アメーバニュース]7月1日(水) 19:00 提供:新刊JP……「言葉足らず」というワードは、色々なシーンで使われる。仕事においても話が通じなかったとき、相手に詳しい説明を要求されたときに、「言葉足らずで申し訳ございませんでした」と謝るのが基本的なマナーとされている。ただし、ツイッターでの炎上に関しては「言葉足らずでした」だけでは、「仕方がない」と寛大に許されるケースはまずない。……■バッシングされている芸能人を擁護したら自分も炎上。そのときの適切な対応は?このクイズは、『大人養成講座』などで知られるコラムニスト・石原壮一郎氏の新刊となる『恥をかかない コミュマスター養成ドリル 失敗例5パターンに学ぶ会話とメールとSNS』(扶桑社刊)に掲載されているもの。……失言がもとで世間からバッシングを受けている芸能人について、ツイッターで擁護をした。すると「あんなヤツの味方をするなんて」といったような非難が殺到。間違ったことを書いたつもりはないが、どう対処すべきか。(1)べつに何もせず、勝手に言わせておく(2)「お疲れさまです。貴重なご意見ありがとうございます」とツイートしておく(3)あらためて擁護した理由をていねいに説明するツイートをするこのときの対応は(2)が正解、(1)でも可というところだ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました