スポンサーリンク

相手と距離を縮めたいときの話し方3つのテクニックとは

社労士
相手と距離を縮めたいときの話し方3つのテクニックとは ≪続きを読む≫[アメーバニュース]7月11日(土) 19:00 提供:新刊JP……『人の心を動かす話し方』(廣済堂出版刊)の著者である和田裕美氏は、外資系教育会社でのフルコミッション営業で成約率98%、世界142か国中No.2の成績を収め、20代で女性初の支店長になり、営業時代の年収は7000万円だったという。……■相手と距離を縮める話し方 3つのテクニックとは自分の言葉を相手の心に伝えるには、相手から嫌われないことが大事。そこで、より相手との距離を縮めるための話し方が必要になる。そのために和田氏が挙げている3つのテクニックが「雑談力」「聞き上手になること」「マイナス自己開示」だ。1つ目の「雑談力」は、本題に入る前の会話のウォーミングアップとなる。……雑談は「意味ナシ、落ちナシ、結論ナシ」の「3ナシ」が基本だと和田氏。あまり考えないほうがいいのだ。だが、雑談をするのは難しいという人もいるだろう。そこで、雑談がスムーズにできるようになるために、取り入れたいのが「今ここトーク」と「情報収集トーク」だ。「今ここトーク」とは、「今ここ」にある話題を見つけてとにかく話すこと。もうひとつの「情報収集トーク」とは、相手の情報をSNSなどであらかじめ仕入れておいて、その話題を振る方法だ。どちらも上手く活用したい。2つ目の「聞き上手にな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました