スポンサーリンク

池井戸潤氏のメッセージドラマ「半沢直樹」の「恩返し」が示唆すること

社労士
作者・池井戸潤氏のメッセージドラマ「半沢直樹」の「恩返し」が示唆すること(大関暁夫) ≪続きを読む≫[アメーバニュース]8月12日(水) 7:00 提供:J-CAST会社ウォッチ 7年ぶりに帰ってきた銀行を舞台としたテレビドラマ「半沢直樹」が、出足好調なようです。……「決めゼリフ」が盛り上げる勧善懲悪の「時代劇」 ……「時代劇」と申し上げたのは、共通項として勧善懲悪を基本とした単純なストーリー仕立てがあり、「水戸黄門」「遠山の金さん」ではクライマックスに、黄門様の「皆の者頭が高い。天下の副将軍水戸光圀公なるぞ!」、金さんの「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねぇぞ」の決めゼリフが象徴的に使われます。「半沢直樹」では、流行語にもなった、「やられたらやり返す。倍返しだ!」というセリフがそれにあたります。……「施されたら施し返す。恩返しです」! ……放送初回に前回シリーズで半沢の最大のライバル役となった香川照之さん演じる大和田専務の頭取に対する言葉として、「施されたら施し返す。恩返しです」というセリフが登場しました。 そして、第3回には主人公の半沢直樹が、部下に対してこんなことを言っています。「いいか忘れるな。大事なのは感謝と恩返しだ。これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば、必ず明るい未来が拓けるは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました