スポンサーリンク

『クレしん』30周年、担当編集が明かす「子どもに見せない」から「親子で楽しむ」の変化の過程 

社労士
『クレしん』30周年、担当編集が明かす「子どもに見せない」から「親子で楽しむ」の変化の過程  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]8月20日(木) 8:40 提供:ORICON NEWS……2002年より双葉社の『月刊まんがタウン』で臼井儀人先生の編集担当、後に編集長を務めてきた、「ライツ事業部クレヨンしんちゃん編集室」室長の鈴木健介さんにインタビューした。……■硬派な大人向け漫画誌で連載スタート、女子高生きっかけで人気アニメに――『クレヨンしんちゃん』の連載スタートは1990年。スーパーマーケットを舞台とした4コマ漫画『だらくやストア物語』の登場人物の一人、スーパーだらくやの創業者・二階堂信之介に、当時の編集者(林克之氏)が目をつけ、その幼少時のキャラを独立させて始まったものだと聞きます。【鈴木健介さん(以下 鈴木さん)】そうですね。連載を開始した『Weekly漫画アクション』は、硬派な大人向け漫画誌だったので、内容的には大人向けに描かれていました。…… ただ、当初から反響は非常に良く、連載開始から2年経たずにアニメーションが始まり、女子高生をきっかけに人気に火が付いたと聞いています。――アニメが子ども向け番組にされたのはなぜだったんでしょうか。【鈴木さん】もともとテレビ朝日で月曜夜7時の子ども向けアニメ枠があり、そこで4月から放送する企画を探していたそうです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました