スポンサーリンク

かぼちゃの「栄養を逃さない食べ方」

社労士
かぼちゃの「栄養を逃さない食べ方」 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]9月29日(火) 17:10 提供:マイナビウーマン……◇秋から冬にかけておいしく食べられる……かぼちゃは1~2カ月ほど寝かせることで甘みが増しておいしくなるので、秋から冬にかけてがおいしく食べられる時期になります。◇アンチエイジングや整腸作用が期待できるかぼちゃはビタミンCやビタミンEを豊富に含んでいます。これらの栄養素には抗酸化作用があり、アンチエイジングが期待されています。また、整腸作用もある食物繊維が豊富です。……かぼちゃには、カリウムも多く含まれています。カリウムには摂りすぎた塩分を調節する働きがあります。…… ■栄養素を逃がさない調理方法や食べ方とは?……◇茹でる場合は茹で汁も料理に活用!かぼちゃに含まれるビタミンCは水溶性の栄養素で、茹でる調理では流出してしまいます。…… 茹でる場合はスープなど茹で汁もそのまま活用できると栄養素を余すことなく摂れます。◇油を使った料理はβ-カロテンが吸収しやすいまた、かぼちゃに含まれるβ-カロテンは油と一緒に摂ると体内へ吸収しやすくなります。そのため、揚げる・炒めるなどの油を使った調理法がおすすめです。また、素焼きにしたかぼちゃにオリーブオイルと塩コショウをかけていただくシンプルな料理はかぼちゃそのものの味を楽しめ、栄養素も効率よく摂れるのでおす

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました