スポンサーリンク

「先生、原稿は?」文豪体験ができる旅館が予約完売!

社労士
「先生、原稿は?」文豪体験ができる旅館が予約完売!借金取りがくるオプションも  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]11月3日(火) 8:11 提供:女子SPA!「GOTOキャンペーン」が賑わいをみせるなか、東京都文京区にある老舗旅館「鳳明館(ほうめいかん)」のとある宿泊プランが、斬新すぎるとSNSを中心に話題となっています。◆編集者に詰められる!? 衝撃の宿泊体験話題の宿泊プラン名は、その名も「文豪缶詰プラン」。鳳明館のある文京区本郷はかつて、一大旅館街として栄え、石川啄木や金田一京助、北原白秋、手塚治虫など多くの文豪がこの地で執筆をしました。「文豪缶詰プラン」は、そんな文豪たちにあやかって、旅館にこもり仕事や執筆などの制作活動をするというものです。斬新なのはその内容で、まず宿泊客は先生と呼ばれます。そして、スタッフ扮する担当編集者がつき、時間になると編集者から「先生! 原稿は進んでますか?」と圧をかけられ、外出をしようものなら止めに入られ、窓を開ければ編集者が窓の下からこちらの様子を見張っているという徹底ぶり。……◆斬新すぎるオプションがおもしろい!これらの文豪体験はプランのオプションとして選べるのですが、他にも「本妻と愛人が鉢合わせ体験」や「借金取りがくる体験」など、文豪の修羅場エピソードまでも体験できるおもしろオプションが豊富に揃っています。「〇〇賞の最終

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました